2017年07月26日

怪物くん

いよいよ夏本番でございますが・・・、
高校野球は地方大会も大詰め、各県代表が決まり始めていますね。

この夏の甲子園、高校野球の話題といえばやはり早実の清宮選手。
小学生の頃から「怪物」と言われ、そのとおりの実績で活躍中ですね。
高校三年最後の夏に甲子園出場なるかどうかと注目が集まるところ。

愛知の県大会も準々決勝戦。
その中にも将来を期待されるうわさの「怪物くん」がいます。
東邦・石川くんと愛工大名電・稲生くん。その興味深い記事をネットで見つけました。

★野球選手の人生は13歳で決まる(2)愛知にいる二人の怪物1年生
(※現代ビジネス 2017.04.30野球より)

今年に入学したばかりの高校1年生ですがレギュラーですでに活躍しています。
石川くんは最近の試合で出てませんが、稲生くんは3番バッターで活躍してます。
地元でも有名なこの二人、来年そして再来年とさらにどう成長していくのか注目です。

やはり「怪物くん」といわれる子は小学生の頃から飛び抜けてるんですね。
今年の6年生、この世代にも「怪物くん」と言われそうな予備軍がいます。
いろんな大会で試合を見ていると、印象に残るうまい子や大人顔負けのパワーの子。
すでにウワサされてるあの子にこの子・・・、将来、どうなるのかな。

中等大会.jpg

東邦高校は昨日、ベスト4進出を決めました。
グレブラОBの河村選手も活躍中!あとふたつ勝てば甲子園!頑張れっ!


posted by ヘッポコーチ at 12:31| 愛知 ☔| Comment(0) | 少年野球トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村