2017年03月14日

アイシングについて

少年野球でも試合後、ピッチャーの肩肘のアイシングはよくみかけます。
グレブラでも試合後ピッチャーはアイシングをしてます。
でもなぜアイシングするのか?、これって肩肘の故障予防になってるのかどうか。

アイシングの目的は・・・、

投球後には肩関節や肘関節がやや炎症症状になります。
その炎症を冷やすことで抑制し、筋肉の回復を促す
という目的で行われているのがアイシングです。
直接患部を冷やすことで毛細血管を冷やして収縮させ、血流を抑制します。
しばらくその状態をキープし、アイシングを止めた際に、
毛細血管へ一気に血液を流れさせることにより、ポンプのような働きをつくり、
疲労物質などを流してしまうという仕組みのようです。


ただ単に疲れを取るだけ、なので野球肩・野球肘の根本的な予防にはならないようです。
特に肩の場合は冷やすことで返って炎症を引き起こしてしまうこともあるみたいです。
昔は「肩は冷やすな」ってよく言われてましたもんね。
「アイシングすれば大丈夫」と安易に考えないで、故障の予防は考えたほうが良いですね。

参考:アイシングって「肩」のどこを冷やせばいいの? 
   〜アイシングは実は意味がないという事実〜


あくまでも試合後の疲れ、炎症を和らげるという目的でアイシングの仕方、
下記に参考までに載せておきます。


==============================
『効果的にアイシングをする方法』

ピッチングを行った後のアイシングは非常に重要です。
正しく行うと、疲労回復など様々な効果が期待できます。
しかし、やり方を間違えてしまうと、故障の原因にもなりかねません。
今後の体調管理のためにも、是非ご覧になってください。

アイシング03.jpg

それでは、さっそく解説をして参ります。
まずは、なぜアイシングが必要なのかについてお伝えします。
アイシングは大きく分けて、


・筋肉の炎症の抑制
・疲労回復


この2つの目的のために行います。

では、どのような時にアイシングをするべきかお伝えしますと、
ピッチャーの場合はピッチングをした後は行った方がよいでしょう。

具体的には、30球以上全力で投げた、もしくは、
肩や肘に痛みやハリを感じたならアイシングをした方が良いです。
ただし、10〜20球程度しか投げない場合や
軽いキャッチボールなどでは行う必要はありませんので、ご安心ください。

では、具体的にどのようにアイシングをすればよいか解説していきます。

アイシングは20分を基準に冷やしましょう。

それ以上冷やしてしまうと、凍傷になる危険性もありますので
20分以上は冷やさないでください。
20分以上冷やしても違和感やハリがある場合は、
練習後、家に帰りお風呂上がりなどにアイシングするのが効果的です。
連続でアイシングするのはあまりよくありません。
どうしても連続でアイシングしたいときは時間をおくようにしましょう。

次にアイシングを行う場所についてです。アイシングは

・肩
・肘

の2カ所を冷やします。

肩については、前側と後ろ側から冷やします。
そして肘は内側を冷やすようにしましょう。
なぜ、この2カ所を冷やすかと言いますとピッチングの際に
最も酷使する場所だからです。
この2カ所をアイシングすることでピッチングによる疲労や炎症を
効果的に抑える事ができます。

アイシング02.jpg

最後に、アイシングした後の注意点をお伝えしておきます。
アイシングした後は投げるという動作をしないようにしてください。
キャッチボールも避けてください。

アイシングをした後の筋肉は、冷えて硬く重くなっています。
その状態で肩や肘を使うと筋肉に大きな負担をかけてしまうのです。
最悪の場合、怪我や故障に繋がります。

このことを考慮したうえで、アイシングの最適なタイミングは
練習の終わりに行うと良いでしょう。
後は帰るだけというタイミングがベストです。もしくは、
後はランニングして練習は終了といったタイミングでも大丈夫です。
重要なことは後に投げることがない状況でアイシングを行うことです。

ダブルヘッダーで、二試合連続で投げなくてはいけない場合は
二試合目が終わってからアイシングします。
一試合目が終わった後は、肩や肘を冷やさないようにしましょう。
どうしても一試合目の後にアイシングを行う場合は、
もう一度アップからやり直して二試合目に臨みましょう。

しかし、この方法はあまりおすすめできません・・・
最終手段程度にとらえてください。
肩や肘を冷やしたままでのピッチングは故障の危険が高まります。
身体をしっかり温め直して試合に臨みましょう。

アイシング01.jpg

お子さんが肩や肘に疲れが溜まっているようでしたら
アイシングを取り入れてみてください。
きっと、次の日のコンディションが劇的に変わってくるはずですよ。
肩や肘専用のアイシングサポーターも市販されていますので、
取り入れてみるのもいいかもしれませんね。


==============================

※山脇啓司 監修「野球肩&野球肘 予防・改善プログラム」


posted by ヘッポコーチ at 08:57| 愛知 ☁| Comment(0) | 練習記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

プレッシャーを克服する方法

試合をする中で不安感、緊張感といったプレッシャーは付き物。

バッターボックスでガチガチに固まってたら打てないですもんね。
落ち着くために「バッターボックスに入る前に相手投手の呼吸に自分も合わせる」、
なんていうのがマンガの「キャプテン」(プレイボールかな?)にありましたが、
相手投手の呼吸って・・・じっとみてても分かるもんでもないし・・・。

・・・ということで、参考までに。
まあ、あたりまえのよく言われている方法なんですけど。


『プレッシャーを克服する方法』

「練習ではできるのに本番になるとミスを連発してしまう」
といった経験をされたことがあるのではないでしょうか?
実際にこういう相談を受けることはよくあります。

この「本番に弱い」という困った問題はスポーツに限らず、
受験やビジネスの場においても多く存在しています。重度のプレッシャーによって
本来のパフォーマンスを発揮することができないのです。
このプレッシャーの原因は「恐怖心」や「不安」によるものです。

「いい場面なのに三振したらどうしよう…」
「今日の相手は強そうだな…勝てるかな」
「みんな見に来てる。良いところを見せなきゃ」
「ここでエラーしたら取り返しがつかない…」
「ヘマしたら監督に怒られる…」

など
こういった失敗を恐れる感情がプレッシャーとなってお子さんに襲いかかるのです。
プレッシャーを感じると身体に様々な症状が現れます。

プレッシャー.jpg

●夜なかなか寝付けなくなる。
●本番中やたらと喉が渇く。
●緊張で体がガタガタ震える。
●急に寒気がして歯がガチガチ言う。
●心臓がバクバクして判断力が鈍る。
●気分が悪くなったり吐きそうになる。


もう逃げ出したくなってしまいますよね。
こんな状況で本番に臨んでもうまくいくはずがないのです。
そして頑張ろう頑張ろうとすればするほど結果は悪くなってしまうものです。

▼プレッシャーにどう立ち向かうのか

プレッシャーを克服するにはまず、それを生み出している
原因が直面している事実や環境、状況にあるのではなく

「自分の心の中にあるということ」

を理解してください。
つまり「自分の心が生み出している」ということです。

「〜しちゃダメだ」と思うとかえってその思いにとらわれてしまい
ダメだと思っている結果に引っ張られてしまうものです。

「エラーしちゃダメだ」と思うほどに、身体が固くなって、
本来の力を発揮できなくなった経験があなたにもあると思います。

不安や恐怖を撃退するためには、まず、状況を冷静に判断し
今しなくてはならないうことに集中する必要があります。

もし、「〜しちゃダメだ」「〜できなかったらどうしよう」
と言う強迫観念が心のうちに芽生え、
プレッシャーを感じて体がガチガチになってしまったら、
やみくもに頑張るのではなく次のように対処してみましょう。



▼プレッシャーを克服する方法

プレッシャーを克服するにはまず、冷静になることが必要です。
感情的にならず、落ち着きましょう。
そのために何をするかといえば、私がおすすめしたいのは、

“深呼吸”です。

深呼吸.jpg

軽視されがちですが、深呼吸というのは落ち着くのにとても効果があります。
ゆっくりと深く呼吸をするだけで冷静になれることすらあるものです。
冷静になることで、頭が働くようになり目の前のことに集中できるようになります。

プレッシャーを感じた時にはまず、ゆっくりと深呼吸をすることから始めてください。
必ず効果があるでしょう。

それでは最後にリラックスできる“腹式呼吸法”をご紹介します。


-------------------------------------------------------------------------
1.7つ数えながら口からゆっくり息を吐きます

2.7つ数えながらお腹を膨らますようにゆっくりと鼻から息を吸い込みます。

3.吸い込んだ空気をお腹にためたまま、息を止めて5つ数えます。

4.1〜3を落ち着くまで数回繰り返します。
-------------------------------------------------------------------------


息を吐くときは不安や恐怖を吐き出すように。
プラスのエネルギーや活力を取り入れるイメージで息を吸いましょう。

エネルギーをお腹から全身に吸収するような感覚を持てれば
プレッシャーから解放されて、エネルギーが満ちてくるはずです。

ぜひ試してみてください。


0224.jpg




posted by ヘッポコーチ at 16:06| 愛知 ☀| Comment(0) | 練習記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

落葉坂ダッシュ

この寒い季節、トレーニングは走り込みが一番。
さあ、緑地公園の落葉舞い散る坂道を駆け上れ!

落ち葉ラン02.jpg
足が速くなるトレーニングには坂道ダッシュがいいそうです。
落ち葉ラン01.jpg
瞬発力が鍛えられます。タイムを計ってダッシユダッシュ!
落ち葉ラン03.jpg
後半はロングラン、持久力も鍛えましょう〜!
落ち葉ラン04.jpg

posted by ヘッポコーチ at 06:58| 愛知 ☁| Comment(0) | 練習記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村