2017年05月27日

最後の運動会

本日は息子の運動会。
グレブラチームメンバーが通う守山区界隈の小学校はほとんど運動会なので、
グレブラの活動はすべてお休み。Aチーム6年生は最後の運動会です。

以前は朝9時から始まって、お昼のお弁当も用意して校庭の場所取りもして、
3時ぐらいまで運動会の催しがあったけど、ここ数年はお昼前で終了。
観てる父兄は楽になったけど、なんとなく寂しい運動会。

運動会p.jpg

競技や催し物も少なくなって、各学年2競技だけ。赤白の応援合戦もなくなってしまった。
6年生は騎馬戦と組み立て体操のみで、短距離走も無くなってしまいました・・・。
これで6年生は最後の運動会だというのに、もうひとつ盛り上がらない感じ。

最近は一番盛り上がる対抗リレーも無くなる小学校もあるとか。
足の速い子だけが出る競技ということで、一部の父兄からクレームがあるとか。
なんなんでしょうね〜、運動会って何のためにやってるんでしょうね〜。

その紅白対抗リレー。



6年生の4人アンカーはグレブラ3馬鹿スーパーカートリオが選出。
愚息リョウノスケ、ハヤト、カッちゃん。でもって幼なじみのサッカー少年ダイナ。
バトンを繋ぐ5年生の子がめっちゃ速かったのでリョウノスケ余裕のゴールとなりました。

ま、最後のリレーで一番でようございましたネ。


posted by ヘッポコーチ at 20:52| 愛知 ☀| Comment(0) | うちわのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

鋭さとしなやかさと力強さと

本日はコンディショニングトレーニングにいってまいりました。
またヒ〜ヒ〜言いながら柔軟ストレッチをこなす息子。
キツイですが、リハビリ効果、故障予防、さらにはパワーアップになります。

実際、バッティングをみてると鋭さとしなやかさと力強さがついてきたような?
♪いとしさとせつなさと心強さと〜ではありません、そんな歌がありましたが・・・、
脱線しましたが、やっぱ効果があるんでしょう。イチローもやってますもんね。

プラトレ.jpg


以下は筋トレと成長について参考までに。
ある程度、筋トレとストレッチした方が背も伸びるんですね。

======================

昔から言われていることですが、
『筋トレをしすぎると成長に影響がある』
という定説があります。

実際、未だに本当なのかどうか、分からないために筋トレを
避けている方もいると思います。そこで、

筋トレが体の成長に及ぼす影響と対処するためのストレッチ法

について解説をしていきたいと思います。
成長を妨げる要素を抜いて、より良い身体の状態を保つために
非常に重要な要素になりますので、是非ご覧になってください。

まず、結論から言ってしまいますと、
筋トレで体の成長に影響が出ることは基本的にはありません。
成長を妨げるほど、高負荷がかかる筋トレは、
ウェイトトレーニングくらいで、他の筋トレは影響が少ないです。

さらに付け加えるなら、ウェイトトレーニングでさえ、
週4〜5日やらないと成長には影響しません。

ですので、通常の筋トレで
成長の妨げになる事はまず無いと言ってよいでしょう。
むしろ、筋トレをすることで、骨にも刺激が加わります。

骨に刺激を加えることで成長が促進される部分もあるため、
筋トレをすれば、成長促進も期待できるのです。
しかし、一つだけ問題があります。

筋肉は使うと縮んで固くなりますが、
そのまま放置してしまうと固くなった筋肉によって、
骨の成長が妨げられることがあるのです。

その例が、オスグッド・シュラッター症です。
バスケットやサッカーをする子供に多く見られる、
膝の脛骨が出っ張って痛む、という症状ですね。

これは、四頭筋、太もも当たりの筋肉が固くなり
筋肉がある脛付近の骨が盛り上がることが原因となります。

この症状を引き起こす原因は筋肉が固い状態のまま
放置されてしまっていることです。

これは一部位ですが、他にも成長を妨げるケースは存在します。
代表的な箇所を上げると、、、

・足回り
・お尻
・背中

この3か所の筋肉が固くなると成長に影響を及ぼす可能性があります。
ここまでの話をまとめますと、

“筋トレは身体の成長を促進するが、固くなった筋肉を放置すると、
身体の成長の妨げになってしまう”

ということです。
そのため、まだ成長が期待される年代のお子さん方には、
これらの筋肉を中心にストレッチで柔軟さを保つことをお勧めします。

では、具体的なストレッチ法を解説していきましょう。
まず、ももの裏側からお尻にかけての筋肉について
解説していきたいと思います。

ももの裏を伸ばすには、高いところに足を乗せ
ハムストリングスを伸ばすストレッチが有効です。

立った状態で机の上などにかかとを乗せ
ももの裏を伸ばしてください。

この時、上げてない側の足は伸ばしていることが望ましいです。
身体が固い人は無理をせず椅子くらいの高さに足を乗せ
前屈すれば大丈夫です。

少し不安定な体勢になりますので、転倒したりしないよう何かにつかまり
安定性を保った状態で行ってください。

次に股関節の前側のストレッチです。

まず、ピッチングのように大きく前に一歩踏み出し、
後ろ側の足は地面につけるようにします。
体勢としては『ランジ』に近い形となります。

その状態で後ろの足の付け根を伸ばしてください。
この時、後ろ脚の膝が少し高くなった方が
より伸ばしやすくなります。

膝に辞書程度の厚さの物を敷くとよりストレッチがかかり、
効果的に柔軟性を高めることができます。

最後に背中のストレッチです。
まず、椅子に座り座っている面の縁を両手でつかみます。
その状態で背中を丸めてください。

手でつかんでいる部分が支点となるため、
背中を丸めると肩甲骨が開く感触や背中が伸びる感触が分かるはずです。

まっすぐ丸めて伸ばした後は、左右にひねることで
よりストレッチの効果を引き出すことが出来ます。

伸ばした状態を保持する時間の目安は、
これらのストレッチのみ行う場合それぞれ60秒〜90秒伸ばして下さい。

これらの方法はどこでもできますので、
身体を動かした際はぜひやってみてください。

さて、内容をまとめますと、、、

“筋トレが体の成長に及ぼす影響と対処するためのストレッチ法”
について解説しました。


筋トレは身体の成長を促進するが、
固くなった筋肉を放置すると、身体の成長の妨げになってしまうため、

・足回り
・お尻
・背中

この3か所の筋肉の柔軟性を優先的に高めてあげる必要があります。
成長期に体を労りながら鍛えることはどのようなスポーツでも重要なので、
ぜひ試してみてください。

身体を傷めることなく、強い身体を作ることが
出来るようになるはずですよ。

======================
posted by ヘッポコーチ at 22:10| 愛知 ☁| Comment(0) | うちわのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

四ヶ月検診

本日は息子の検診、DL入りしてから四ヶ月。
いつものようにレントゲン検査で症状の経過を見ます。

レントゲン室.jpg

残念ながら前回とあまり変わらず・・・。やっぱり完全復帰は6月位でしょうか。
診断が終わってからお隣のバッセンで打ち込みいたしました。
また左打ちになりました。1年ごとに変わるスイッチヒッターかよ。
この方がミートしやすく、なぜかパワーもあるみたい。ケガの功名?

バッセン201704.jpg

昨日はイッサくんも来てましたネ。
バッセンに、お願いしていた入団募集チラシが張ってありました〜。
グレブラでは1年生から4年生の新入団生募集中で〜す!!

posted by ヘッポコーチ at 22:28| 愛知 ☁| Comment(0) | うちわのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村